• 福岡でのマンション管理会社ゼオ
  • マンション管理委託業務
  • マンション管理組合各種サポート業務
  • ビル建物総合管理
  • 管理会社変更をご検討中の皆様へ
  • マンション管理委託業務
  • マンショントラブル各種事例と解決方法
  • ビル建物総合管理
  • マンション管理に関する無料相談受付中
  • マンション管理委託業務
  • マンション管理に関する無料見積受付中
福岡でのマンション管理組合委託業務とビル建物総合維持管理

株式会社ゼオのサポートメニュー

  • 理事会サポート
  • マンションライフサポート
  • 一括受電で管理費経費削減の節電サポート

福岡のマンション管理委託業務とビル建物総合管理

2020年03月09日

雪災と取り越し苦労

今年の冬は、かなり暖かいですね。
そうはいっても、福岡でも年に一度くらいは雪が降ります。
先日、2月17日の夜には、平地でも10cm程度の積雪が予想されておりましたので、マンションでも防寒対策が必要になります。

マンションはコンクリートで造られた強固な建物ですが、その設備は昔ながらの住宅と同じように水道管の凍結事故が発生することがあります。
水道管は、配管ラッキング(保温材)がされており、凍結しにくいように考えられています。
しかし、配管部分は保温することができてもバルブ部分は露出してしまいますので、バルブが凍結することがあります。
凍結するだけなら、気温が上がり解凍を待てばよいのですが、稀にバルブが凍結により破損してしまうことがあります。
凍結しやすい場所としては、屋上の消防用補給水槽があります。
この消防用補給水槽の目的は、火災などが発生したときに消防隊が消火活動に使用する連結送水管を常に水で満たしておくためですので、一度、注水されてしまえば、ほとんど水の動きはありません。
動かないので凍結してしまうのでしょう。

以前、屋上の消防用補給水槽のバルブが凍結により破損して、水がゲリラ豪雨でも来たのかと思うくらい大量に漏れたことがありました。
幸い破損したバルブは管理組合の加入する保険で修理費用を賄うことが出来ました。
しかし、破損する恐れがあると分かっていれば、それに備えて担当者はバルブに防寒対策をします。
寒風の吹く中、屋上に上って、かじかむ手でバルブの周りにエアキャップを巻き付けて、防寒対策を実施しました。

今回、雪は降りましたが天気予報で言われたほどの積雪もなく、マンションには事故もなく無事に済みました。

posted by zeo at 08:30| マンション管理ニュース
ページの先頭に戻る

福岡での快適なマンションライフと管理組合活動を多方面からサポートする

株式会社ゼオ

福岡のマンション管理会社株式会社ゼオ

福岡県福岡市中央区赤坂1丁目14-22-5F  tel.092-716-1113  fax.092-716-1176

福岡の賃貸マンション情報

中古・新古マンション情報