• 福岡でのマンション管理会社ゼオ
  • マンション管理委託業務
  • マンション管理組合各種サポート業務
  • ビル建物総合管理
  • 管理会社変更をご検討中の皆様へ
  • マンション管理委託業務
  • マンショントラブル各種事例と解決方法
  • ビル建物総合管理
  • マンション管理に関する無料相談受付中
  • マンション管理委託業務
  • マンション管理に関する無料見積受付中
福岡でのマンション管理組合委託業務とビル建物総合維持管理

株式会社ゼオのサポートメニュー

  • 理事会サポート
  • マンションライフサポート
  • 一括受電で管理費経費削減の節電サポート

福岡のマンション管理委託業務とビル建物総合管理

2018年05月01日

子供叱るな

 最近読んだ本に以前共感を覚えた言葉が出ていまして、ずーっと記憶には残っていたものの20数年前のことですので、普段はすっかり忘れていましたが、改めて趣のある良い言葉だなと思いました。
 作者は不詳ですが、永六輔さんによって世に広められたということで、ご存知の方もいらっしゃることと思います。
 「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、来た道行く道二人旅・・・」このあとにもう少し続くのですが、その意味といいますか、捉え方は人によって大きな違いはないかと思います。
 私見ですが、この言葉は、子供でもなく年寄りでもないその間の活動的な人たちに向けられたもので、家庭においてだけではなく、職場でも「子供」を「新入社員」に、「年寄り」を「ボケかかったベテラン社員」に置き換えるなど、日常生活におけるいろいろな場面に当てはまると思います。
 決してレトリックではなく、日本語特有の表現(・・・だもの)と詩(ポエム)のようなリズム感(演歌っぽいという声もあるかもしれませんが)が覚えやすく記憶に残る所以ではないでしょうか。
 私は、実年齢(67歳)からいえば世間では高齢者と呼ばれており、この言葉でいう「年寄り」側に入るのでしょうが、気持ち的にはまだまだその間の存在として、人に対して、また、動物や植物に対しても思いやりをもって接していきたいと思います。

posted by zeo at 09:55| 春夏秋冬(Staff-Blog)

2018年04月18日

「一人一花」運動

18050101.jpg

春風の心地良い季節になりました。

福岡市では「一人一花」運動が始動されています。
花と緑を育て彩りや潤いにあふれ、おもてなしと豊かな心が育まれるまち「フラワーシティ福岡」を創る取り組みです。

私たちゼオでも各管理物件にフラワーポットの設置活動を行いました。
皆様のコミュニティにお役に立てれば幸いです。

今、ホームセンターや園芸店に行くと、お花や夏野菜の苗がたくさん出ています。
皆様も、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。
ちなみに私の家では冬に植えたビオラがまだきれいに咲いています。
ビオラが終わったら次は何を植えようかな?と考えています。
(花もいいけど野菜も育ててみたいなと思っています。)

お花を飾り、お花にふれて、ご家庭でも職場でも心豊かに、活動的に頑張ってまいりましょう。
藤原

18050102.jpg

posted by zeo at 17:00| 春夏秋冬(Staff-Blog)

2017年11月20日

九州の山歩き

また、山に関することですが、先日ぶらりと本屋さんに行きましたところ、時節柄、行楽やリクリエイションに関するいろいろな本や雑誌が店頭に並んでいました。
そのうちの1冊で、『九州の山歩き(北部編)』という本を買いました。
この本は、北部九州4県(福岡、佐賀、長崎、大分)の数ある山の中から地域のバランスを考慮して選定された99の山やエリアを紹介したガイドブックです。
福岡山の会の会員のうち30数名が分担して、現地調査、写真撮影、執筆、編集して出版したもので、さすがに山になじみ深い人たちの手によるものだけあって、詳細に、また親切丁寧に分かりやすい内容になっています。
例えば、起点(出発点)までの交通手段とその所要時間、マイカーの場合は、駐車場の場所と駐車台数、山歩きコースでは何通りものコースをメインとサブに色分けし、分岐点、危険個所、注意点、見どころ、さらにはエリアの歴史そして下山してからの帰りの交通手段等についても記載されています。
山と言えば私の場合、小学校では四王子、中学校では宝満と基山(きざん)(草スキーで有名)に毎年学校行事で行きました。というか行かされていました。しかし、悪い思い出はなく楽しかった気がします。(よく覚えていませんが。)
中学を出てからは、プライベートであちらこちら行きました。なかでも糸島の雷山〜井原山の縦走コースが気に入りまして、何回も歩きました。
山歩きは、目的地に到達することで満足感や達成感が得られ、仕事や家庭での疲れやストレス解消に有効かと思います。
ただ、最近の登山ブームで山に行く人が増え、先週金曜日にNHKTVでも放送されていましたが、中高年の登山事故は全体の75%を超えているとのことですので、40歳以上の人は自分の体調や天候を十分把握し、無理のない計画で実行することが肝要だと思います。

posted by zeo at 17:00| 春夏秋冬(Staff-Blog)

2017年11月16日

管理規約

マンションの管理規約には、修繕工事に関して「敷地及び共用部分等の変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないもの及び建築物の耐震改修の促進に関する法律第25条第2項に基づく認定を受けた建物の耐震改修を除く。)」と記載されています。
以前の管理規約には、『その形状又は効用の著しい変更を除く』ではなく、『改良を目的とし、かつ著しく多額の費用を要しないものを除く』とありました。
この「多大の費用」が、大規模修繕工事はもちろんのこと、どこまでを「多大」とするのか意見が分かれるところでした。
また、『監事は、理事会に出席して意見を述べることができる』とされていたものが、最近では『監事は、理事会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない。』と解釈が変わってきています。
民泊やシェアハウスを禁じる規約も重要ですが、他にも、いろいろと変更されていることを考えると、ハードである建物の維持保全だけでなく、ソフトの面も時代と共に変化させていかなければならないと思います。
posted by zeo at 17:32| ゼオからのお知らせ

2017年11月14日

山歩き

中西

2014年5月に「山の日」が制定され、2016年8月から祝日になりましたが、私が初めて山らしい山に登ったのは、高校2年の時でした。退屈な文化祭を抜け出して、同級生4人で雷山(糸島、標高955m)へ向かいました。
筑前前原駅下車、昭和バスで登山口まで。山頂まで約1時間30分。
登頂後は、東(三瀬方面)へ約2時間、井原山<いわらやま>(標高983m)まで縦走。途中ピークが6〜7か所あり、クマザサで足元が見えない部分が数百m。(雨上がりはクマザサの下の地面がぬかるんでいて靴の中まで濡れるので、雨天後の登山は1週間位晴天が続いた後がよいでしょう。)
井原山頂からさらに東へ100mほどのところから下山。尾根の右側(佐賀県側)へ降りると深い雑木林で遭難の恐れあり。左側の谷底へ転げ落ちないように樹々につかまりながら降りていくと水の湧き出ているところ(室見川の源流)に出ます。
あとはせせらぎ沿いに2時間ほど緩い下りをひたすら歩くと、野河内渓谷へ経て曲渕水源地へ。そしてバスで天神まで。
このコースは、20回以上行っています。休憩を含めて登山口から曲渕まで6〜7時間のコース。山登りというよりは山歩きという方がふさわしいようなコースですが、曲渕まで来るとなにがしかの満足感や達成感があります。仕事や家庭でのストレス解消には、有効だと思います。
最後に行ったのは、約30年前ですが、新しい案内標識や休憩所などがあるほかは、おそらくコースの状況に変化はないと思います。
山(自然)が数万年ほぼ変わらず同じ状態を保っていることを思えば、山にとって30年はほんの一瞬でしかないでしょう。人間にとっては、生涯の3分の1くらいを占めていますが。
まだ歩けるうちにもう一度行ってみたいところの一つです。
posted by zeo at 17:35| 春夏秋冬(Staff-Blog)
ページの先頭に戻る

福岡での快適なマンションライフと管理組合活動を多方面からサポートする

株式会社ゼオ

福岡のマンション管理会社株式会社ゼオ

福岡県福岡市中央区赤坂1丁目14-22-5F  tel.092-716-1113  fax.092-716-1176

福岡の賃貸マンション情報

中古・新古マンション情報